PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国アラド戦記HPを翻訳に挑戦!【Part1】

(*・ω・)ノこんちゃ♪

翻訳でわかるアラドの内容を紹介します。
(翻訳する量が半端じゃないのでいくつか分けて紹介します)

死亡の塔情報

入場時には使節の招待状が必要で1日5枚支給される。
入場時には1回1枚である。
コンティニューコインと似たような方法で招待状は最大5枚である。
使節の招待状はクエストアイテム欄に分類される。

塔の回数は初回では1階?40階であるが、韓国ACT10時点では45階へ拡張される。
クリアすればHP・MP回復する層ができます
層をはやくクリアすればするほどHP・MP回復量が増加するが、クリア時間遅滞すれば回復されない。
すべての武器は強化+10で自動固定される。

死亡の塔の背景

使節トゥレイピュスが運営する塔の中で、最初は死亡の塔が建設されました。
死を収集しに世界各地を歩き回ること面倒になった施設が短時間に死と絶望と屈辱と復讐から出るエネルギーを集めるために建てた建物です。
使節は層の主人を探すためにすでに死んだ古代の強力な戦士らを冥界から連れてくることもして現世の人物らと契約したりもします。
アラド北部の黒い大地に建てた40回建物でウェストコースト北西側にいるシャランがある左側道から新入できるエリアです。

死亡の塔の規則

すべてのレベルで立場可能で決闘場のように補正されます。
消耗品とコインは使用不可です。
無Q消耗などは塔の無Qを利用すること。他にもHP回復・MP回復する塔専用も同様。
塔以外で塔のアイテムを使用することは出来ない。
層数に比例して経験値と補償アイテムを入手できるしくみである。
Ex・M・Kといった難易度選択はないものの2人PTの場合はEx、3人PTの場合はM、4人PTの場合はKといった難易度が自動的に進行されます。
塔では強化は作動しません。→自動設定です。

現在ランキングは経験値ランキングと決闘ランキングの2種類がありますが、
死亡の塔実装後死亡の塔に関するランキングが実装されます。
主な内容では階数(層数)と時間によるランキングとなり、PT人数別に仕分けされています。
つまり層数が高く、時間を短縮に進行すればランキングは上位になれます。

キャラクター情報

物理攻撃、物理防御、魔法攻撃、魔法防御表記方式が変更されます。
例)(旧)514+116 →(新)630 になります。
(σ・ω・)が見つけた情報ですが、鬼剣士の物理攻撃力が2000を超える数値をみたことあります。
もちろんLv55?60だと思いますが、参考程度に・w・

修理費については後ほど強化数が高ければ高いほど修理費は高くなります。
ACT10時点では適用されませんでした。現在は適用されているかと思います。


ギルド改変情報

現在のギルドシステムは300人規模で副ギルドマスターが1人任命可能。
ギルド改変では、副ギルドマスターは5人まで任命可能になり、メール送信はギルドマスターと副ギルドマスターのみギルメンに一斉送信可能です。
他にも未接続の場合でも等級変更は可能になります。

材料アイテムの変更

ゴブリンの手骨とルガルの足指の爪を統一。
次のアイテムはドロップを中止するということです。
にかわ、冷却水、ゴブリンひげ、タウの尻尾、シャウタの角、石炭粉、ゴブリンの皮

今後ブログ更新する内容

サモナー改変内容詳細

召還レベルLv1?20があるが、Lv5、Lv10、Lv15に新しく習得する攻撃技を紹介します。
他にも内容がいろいろあるのでお楽しみに・w・

決闘補正改変

各職業のスキルのクールタイムの増減や攻撃力の増減などきめ細かく書かれているので、
時間はかかりますが、紹介いたします。

ダンジョン別改変情報

ダンジョン別にさまざまな改変されます。堕落した泥棒、天城エリアの各ダンジョンなど


他にもさまざまな内容がありますが、いくつかに分けて紹介します・w・
スポンサーサイト

| 最新情報 韓国編 | 09:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://aradosigoto.blog120.fc2.com/tb.php/74-d8666c78

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。